会社概要
サイトマップ
実績年間3万棟以上の指定確認検査機関 UDi確認検査株式会社オフィシャルサイト 【UDi確認検査株式会社オフィシャルサイト】
【Saach サーチ事業開発共同組合】 経済産業省認可(関産認協第2156号) 国土交通省認可(国関整建一産第171号) 厚生労働省認可(関厚発0723第31号)
電子認証申請が可能なUDiのワンストップWEB申請 Speedy (年間申請実績約15000件)
ホーム  >  外壁劣化診断

外壁劣化診断

定期報告の制度が変わりました(平成20年4月1日改正)

従前 改正後
外装タイル及びモルタル等の仕上げ材の劣化損傷について手の届く範囲を打診、その他を目視で調査し、異常があれば「精密検査を要する」として建築物の所有者等に注意喚起する。 外装タイル及びモルタル等の仕上げ材の劣化損傷について手の届く範囲を打診、その他を目視で調査し異常があれば全面打診等により調査し、加えて竣工・外壁改修後10年を経てから最初の調査の際に全面打診等により調査することの義務付け
※調査範囲はタイル等の落下により歩行者等に危害を加えるおそれのある部分とする
定期報告で赤外線調査法が利用できます

赤外線調査法が建築基準法第12条による定期調査報告において
全面打診に代わる方法として認められました。

赤外線調査法とは

撮影対象物の表面温度を赤外線カメラで「撮影」し、その温度差を画像化することで、【浮き】【剥離】などの異常箇所を確認する非破壊・非接触方法による外壁調査手法です。

赤外線調査法のしくみ

赤外線調査法のしくみ

浮き・剥離部分の仕組みと検出

仕上げタイル(モルタル)とコンクリート等の躯体の間に、浮き・剥離が発生している場合

不良導体である空気層の介在(上部図の部分)により熱が伝達しにくく、 周辺の健全部分と比べて表面温度に差異が生じる

この表面温度の差異をサーモグラフィー(赤外線カメラ)で測定、専用のソフトウェアにて解析

浮き・剥離部分を検出!

可視画像と赤外線画像

赤外線カメラを使用して撮影を行った画像例

可視画像
赤外線画像
可視画像
赤外線画像
可視画像
赤外線画像

赤外線調査のメリット

安心

【安心】騒音・振動がなくプライバシー保護が可能

調査時に騒音や振動がありませんので、建物内のお客様に不快感を与えることがありません。特にマンション・学校・ホテル・事務所等においてプライバシー保護が可能です。防犯面では足場を使った侵入者への不安がなく、辺りに工事資材もないので、お子様にも安全です。

短期間

【短期間】足場いらずで工期も短縮

面倒な足場の設置・撤去が必要ありません。設営工期がまるごと短縮になります。もちろん人手による全面打診の工期も短縮になります。赤外線調査は、建物周辺からのカメラによる撮影のみで完了、かかる時間も短時間です。

低コスト

【低コスト】全面打診に比べ1/3〜1/5以下

足場が不要なため、設営費用がかからないのはもちろんのこと、建物利用者の安全対策や周辺の交通人・車両への交通整理が不要です。人手がかからない分、費用が抑えられます。

赤外線外壁調査の活用事例

建築基準法第12条に基づく定期報告・定期点検として
  • 通常定期調査時における目視調査の際、異常があれば全面打診等を実施
  • 竣工、外壁改修後10年を経てから最初の調査の際に全面打診等を実施
外壁改修工事の事前調査として

改修範囲の数量算出に利用、追加改修の発生の可能性が少なくなります。

劣化診断として

劣化が激しい箇所の部分調査や、劣化状況具合の把握を行い、早期に対策・改善計画が立てられます。

緊急調査として

万一タイル等が落下した場合、すぐにその状況を判断、スピードをもった対策が可能です。

UDiの他社との違い
建築士によるプロフェッショナル集団 【itc】指定試験機関
年間3万棟以上の確認検査の実績を持つ指定確認検査機関がトータルサポート
外壁調査だけでなく、建築確認検査で多数の実績を持つUDiならではのトータルサポートが可能です。建築基準適合判定資格者:100名、一級建築士:134名、二級建築士:43名を擁し、寄せられる建築確認申請は年間3万棟以上。民間企業はもちろん、行政機関からも厚い信頼をいただいています。
建築士が調査を行います
当社の集中解析センターには、一級・二級建築士資格者を有し、設計・施行管理等経験豊富なスタッフが「建築のプロ」として、より精度の高い赤外線調査を行っていきます。
ITC資格保有者多数在籍
UDiでは国際的に認められたITC資格保有の選任技術者による、集中解析センターを社内に設置し、最高レベル品質の赤外線調査をご提供します。
国土交通省・経済産業省・厚生労働省の認可組合に参加しています
国土交通省・経済産業省・厚生労働省の認可組合「サーチ事業開発協同組合」にて、【赤外線外壁調査委員会】の委員長を努めています。
FLIR SC620
高精度・高解像度
赤外線サーモグラフィー

解像度 640×480ピクセル
320万画素のデジタルピクセルカメラ内蔵
温度分解能0.04°C

FRIR社は世界60カ国以上に展開している世界トップシェアの会社です。

赤外線外壁調査の流れ

1 現地事前調査
原則図面だけで判断をせず、現地調査を行った上で見積をいたします。

※お急ぎの場合や現地が遠方などの場合は、図面での見積作成にも対応いたします。
2 御見積書ご提出
現地調査内容及び建物概要資料等により御見積書を作成〜ご提出いたします。
3 ご発注
発注書にてご依頼頂いた後、ご相談の上調査日を決定いたします。
4 赤外線撮影・調査
調査を実施いたします。

※天候により調査日が変更になる場合がございます。
赤外線撮影・調査
5 解析
複数の独自解析ツールを使用し、訓練された専任技術者チームがデータの解析を行います。
解析
5 調査報告書のご提出
調査報告書をご提出いたします。
調査報告書のサンプルがございます

漏水調査・外壁調査の報告書サンプルがございます。
ご希望の方は当社の定期報告・外壁調査部担当までお申し付けください。

赤外線調査が可能かどうかのご相談にも対応します。 お気軽にお問い合わせください
お電話でのお問い合わせはこちら 03-5297-1900
お問い合わせ・見積無料