会社概要
サイトマップ
実績年間3万棟以上の指定確認検査機関 UDi確認検査株式会社オフィシャルサイト 【UDi確認検査株式会社オフィシャルサイト】
【Saach サーチ事業開発共同組合】 経済産業省認可(関産認協第2156号) 国土交通省認可(国関整建一産第171号) 厚生労働省認可(関厚発0723第31号)
電子認証申請が可能なUDiのワンストップWEB申請 Speedy (年間申請実績約15000件)
ホーム  >  漏水調査

漏水調査

漏水調査のしくみ

室内に漏れた水跡は、表面が乾いていてもその部分は気化熱により周囲より低い温度を示します。その低温部分を調査していくことにより、漏水の範囲を推定する調査手法です。

漏水調査のしくみ

漏水調査の活用事例

漏水したときの調査

可視画像
赤外線画像
水の入口や出口の調査。可視では見えない温度異常箇所を赤外線画像で確認します。

漏水部改修後の調査

漏水部を改修後に漏水が残っていないか確認する為の調査。

漏水部を改修後に漏水が残っていないか確認する為の調査。

リノベーション物件調査

中古物件販売前に、漏水箇所を予め確認し、トラブルを防ぎます。

中古物件販売前に、漏水箇所を予め確認し、トラブルを防ぎます。

工場や体育館など、大規模な建物も調査可能です

室内のみの撮影、外部のみの撮影も可能です

「複数棟を短期間に調査したい」「事情で室内の撮影ができない」場合には、外部からのみの撮影も可能です。
また隣棟間隔がせまい等の理由で外部の撮影ができない場合は、室内のみの撮影も可能です。

可視画像と赤外線画像

赤外線カメラを使用して撮影を行った撮影画像例(□の範囲は解析結果)
外壁可視画像
外壁赤外線画像
外壁
室内可視画像
室内赤外線画像
室内

漏水調査の流れ

1 御見積書ご提出
建物概要資料より御見積書をご提出いたします。

※御見積は無料で作成致します。お気軽にお問い合わせ下さい。
2 ご発注
発注書にてご依頼いただいた後、ご相談の上調査日を決定いたします。
3 赤外線撮影・調査
調査を実施します。

※悪天候により調査日が変更になる場合がございます。
漏水調査の基本的なスケジュール
1 調査開始  
  赤外線カメラによる対象個所の撮影を行います。
建物外周部の調査対象となる外壁面、建物内部の調査対象となる内壁面を室内から撮影します。
調査開始
2 散水開始  
  建物外周部の調査対象となる外壁面に散水を行います。散水中及び散水後に赤外線カメラによる対象箇所の撮影を行います。
建物内部の調査対象となる内壁面を室内から撮影し、散水後の壁面表面温度変化を確認していきます。
状況により複数箇所の散水実施をする場合があります。
散水は原則、事業者様に依頼しております。
 
3 調査終了  
  対象個所の温度変化が確認でき撮影できましたら、調査終了です。 調査終了
4 解析
複数の独自解析ツールを使用し、訓練された専任技術者チームがデータの解析を行います。
5 調査報告書のご提出
  調査報告書をご提出いたします。
調査報告書のサンプルがございます

漏水調査・外壁調査の報告書サンプルがございます。
ご希望の方は当社の定期報告・外壁調査部担当までお申し付けください。

赤外線調査が可能かどうかのご相談にも対応します。 お気軽にお問い合わせください
お電話でのお問い合わせはこちら 03-5297-1900
お問い合わせ・見積無料